授乳中の赤ちゃんがいる家庭では使いやすい?

授乳中の赤ちゃんのいる家庭では、ママの負担を軽減するために粉ミルクを使うこともあるでしょう。ミルク作りには、適した温度のお水と、お湯の両方が必要となります。ウォーターサーバーを利用すれば、ボトルに入っているきれいなお水が、冷たい状態と70度から80度程度のお湯の状態で、すぐに出てきます。
レバーを引くだけで、適した温度のお水とお湯を使うことが出来るので、簡単に調乳できるというメリットがあります。
また、お水の入った重いボトルは、サーバーを利用している人に無料で宅配してもらうことが出来ます。自宅まで、重いボトルを届けてくれるので、スーパーなどでミネラルウォーターを購入する手間と比較すると、非常に負担が軽減されます。
ウォーターサーバーは、小さな子供がいる家庭でも、安心して使うことが出来るように、温水のレバーには安全装置が設置されているので、ふつうに引くだけでは、お湯が出てこない構造になっています。
小さな子供は、大人が想像している以上に活発で、思いがけないいたずらをするものです。お湯などの危険なものに、きちんと安全装置が設置されていれば、お部屋に置いておいても安心して過ごすことが出来ます。
きれいなお水は、お料理の味も変わるものです。

ウォーターサーバーで作るミルクと天然水で作るミルク

赤ちゃんの栄養源ともいえるミルクは、適したお水で作ることが大切です。粉ミルクの成分によっては、硬水の場合には成分が変化してしまったり、栄養が減ってしまうという可能性もあります。
またミネラルが多く含まれいる、ミネラルウォーターでは、ミネラルの過剰摂取となってしまう恐れがあります。
水道水も、消毒薬などで水を浄化してから流れてくるので、一度煮沸する必要があります。赤ちゃんは、まだまだ内臓組織が未熟なので、ママは赤ちゃんのミルク作りにも注意が必要です。
スーパーなどで販売されている天然水や、ミネラルウォーターは、そのままでは粉ミルク作りには適さないものが多いので、十分に注意しましょう。これに対して、ウォーターサーバーのお水は、濾過されているだけでなく、適した量のミネラルが加えられていたり、赤ちゃんにも安心して使えるような処理が施されているのが特徴です。
それぞれのウォーターサーバーメーカーによって、お水の特徴が異なるので、ライフスタイルに合わせて適したお水選びを行いましょう。軟水、硬水の他にも、原水からの処理方法などもそれぞれ異なります。
処理の方法などによって、味や口当たりも異なるので、いろいろ比較検討してみるのも良いでしょう。