卓上ウォーターサーバーにペットボトルが装着できるものがあるって本当?

場所を取らず気軽に使える

業務用ウォーターサーバーを作っている業者から、家庭用のコンパクトタイプで卓上で利用できるものが製造販売されており、市販のペットボトルを装着することができるようになっています。2リットルタイプを取り付けられるようになっていて、装着時に水漏れしてこないように専用のコックを飲み口に取り付けてから、さかさまにしてウォーターサーバーに取り付けます。

サイズが小さいながらも温水と冷水どちらも使用できるようになっていて、メーカーによっては使わないほうをオフにして電力消費を抑えることが可能です。

ペットボトルは、どのメーカーのものでも取り付けができるわけではありません。口の形が合わず設置できないタイプがあるため、購入時には確認が必要です。また容器が固めのタイプでないと設置するときにつぶれやすくなってしまうので注意しましょう。装着してから約10分後、それぞれの適温になり冷たい水と熱いお湯として飲むことができるようになります。

温水の方には安全機能が機能がついているため、子供が使うときにも安心して利用させることができます。消費電力が床沖タイプよりはるかに少ないためとても経済的です。

ウォーターサーバーで天然水を飲むなら卓上タイプ?床置タイプ?

床置きタイプは卓上タイプと比較すると、ネックになるのがやはりサイズです。奥行きは数センチ程度しか差がありませんが、高さは大きな違いがあって床置きタイプは140cmくらいになります。何よりボトル設置位置も高くなり、女性は苦労してしまう場合があります。本体の重量にプラスして、水の重さも加わり床置きタイプは設置する場所を選びますが、小型の卓上タイプはペットボトルを利用するものを選べば、スペースや重量を気にすることなく好きな場所に設置が可能です。

天然水をいつでも飲むためにウォーターサーバーをレンタルする必要がある床置きタイプは、定期的にボトルが送られてきて料金の支払いが発生しますが、卓上タイプは市販されているペットボトルを利用できるため、必要な時だけ購入してきて使えるため無駄な出費を減らすのにも役立ちます。特に家族の人数も少なく、利用回数が頻繁にないのであればレンタルする床置きタイプよりはるかに卓上タイプのほうが経済的です。

レンタルだと、いつも同じ天然水しか飲むことができませんが、ペットボトルを装着できる卓上タイプであれば、好きな天然水を購入してきて装着できるため、気軽にいろんな天然水が飲めるメリットもあります。