天然水タイプには防腐剤は入っている?

お水は健康のためにも常に飲んでいたいものですが、ペットボトルで毎回お水を購入するのは新鮮なお水が飲める反面として空いたボトルが溜まってしまったり、安いところで購入しても費用がかかってしまいます。
常に飲んでいたいお水は新鮮なものを比較的安く飲みたいものです。ペットボトルと比較して新鮮なお水で費用も抑えるにはウォーターサーバーの利用も良い方法です。ウォーターサーバーには天然水タイプもありますが、気になるのは防腐剤です。毎日飲むお水なので安全な水を飲みたいものです。
実は一部ペットボトルのお水には防腐剤が使われているタイプもあるのですが、ウォーターサーバーの天然水やピュアウォーターには防腐剤は使われていないのです。天然水は湧き水などをくんだ水で防腐剤を加えることなく、汲み上げたそのももの味を損なわずに飲むことができます。お水が腐るのは水が原因ということではなく、その中に含まれる微生物などの働きで成分が腐って水も腐ったように感じるのです。
天然水は含まれる成分を残せる程度に殺菌されており、ミネラルなどの細かい成分も水に残った状態です。細菌は殺菌されるため防腐剤を入れる必要はなく水が腐ることは考えにくいのが天然水です。
特に開封後は新鮮な状態なので早めに飲み切ることも大切なことです。

賞味期限について

ウォーターサーバーのミネラルウォーターにも賞味期限はあります。ウォーターサーバーの各メーカーが定めた賞味期限があり、その賞味期限までにお水は飲み切ることが大切です。
食品には品質が記事される期限の表示が必要で、それには製造後に急速に劣化が進む食品には消費期限があり、商品劣化が比較的ゆるやかな食品には賞味期限があります。
お水には賞味期限が義務付けられており、正しく保管することで賞味期限まで飲むことができ、お水の賞味期限は1.5リットル〜2リットルのサイズで約2年、550mlサイズでは約1年が一般的です。
水も外部から受ける影響などで劣化の度合いも変わり、未開封であれば雑菌などの繁殖は心配ないのですが、ウォーターサーバーの水を開封した場合は、なるべく早めに飲み切ることが必要です。
またボトルが未開封であっても水に直射日光が当たる場所や湿度の高い場所に保管してしまうと水の温度などが上がり劣化につながります。保管場所は風通しが良く湿度の低い場所にします。
ウォーターサーバーはミネラル豊富な美味しい天然水を毎日飲むことができる方法のひとつです。ペットボトルも良いですが、費用はウォーターサーバーが比較すると安価になり、サーバーレンタルが無料や宅配料が無料などのサービスがあるメーカーもあるので、ライフスタイルに合ったウォーターサーバーを利用することが良い選択です。